2016年08月27日

メガバンクが銀行窓販保険の手数料を開示




ご訪問いただきありがとうございます。

本当に久しぶりの更新になりますね。

最近の保険のニュースではこれですかね。
三菱東京UFJ、三井住友、みずほのメガ3行と生命保険各社が外貨建て保険や変額保険
などのリスクを伴う保険の手数料です。

金融庁は銀行窓口で販売する手数料が不透明だと問題視しており、銀行業界に対して
手数料を開示するように求めていました。

今回のメガバンクの手数料開示はそれを受けてのものになります。

りそな銀行、三井住友信託銀行も追随することになりました。

しかし地銀は手数料開示に反対し、金融庁が激怒しているとのことです。

金融庁の森長官は昨年7月の長官就任以前から、「フィーデューシャリー・
デューティー」(顧客の立場に立った金融商品の販売・提供を意味する)の
徹底を強く求めてきました。

特に金融庁は銀行窓口での手数料を問題視しており、銀行からしたら手数料開示は
手数料の下げ圧力になり、販売低下にもつながりかねません。

一方、生保業界は保険の乗合い代理店など他の販売チャネル波及するを食い止める
ために協力するつもりでした。しかし地銀の反対で生保会社の目論見は崩れました。

マイナス金利を受けて、保険会社が貯蓄性の保険を売り止めにしたり、手数料の引き
下げを行っています。

もはや日本円では保険でお金を貯めることができなくなています。

今後保険会社は、外貨建ての保険を投入してきます。

為替リスク、価格変動リスクから逃げているばかりでは、お金を貯めることも
できなくなりました。

怖いというでけでなく、投資についてきちんと勉強することがこれからの時代に
求められています。


こちらも一度ご覧下さい。
ミニ保険(少額短期保険)
医療保険
がん保険
葬儀保険
介護保険
メモリード・ライフ
アイアル少額短期保険
アスモ少額短期保険(旧ブロードマインド少額短期保険)
エクセルエイド少額短期保険
トライアングル少額短期保険
NP少額短期保険



お読みいただきありがとうございました。


少額短期保険会社が協力して立ち上げたサイト 「おてがるミニ保険.com」はこちら。


人気の保険ブログを見てみる。


保険 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキングならblogram
posted by ブライト艦長 at 12:33| 保険ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

モバイル機器3台まで月額700円で補償してくれる保険が登場! さくら少額短期保険




ご訪問いただきありがとうございます。

ちょっと前の話題で恐縮ですが、さくら少額短期保険株式会社(所在地:東京都豊島区、
代表取締役社長:小松 義彦)は、国内初※1 のユーザーにひもづく保険として、スマート
フォンやタブレット端末、ノートパソコン等の無線回線に接続可能なモバイル・IT機器
(以下、総称して「モバイル機器」)の修理費用を月々700 円で最大 3 台分、年間
10 万円まで補償する「モバイル保険」を 2016 年 5 月 13 日(金)から提供を開始しました。

この「モバイル保険」は故障や破損時の修理費用だけでなく、盗難や水没で修理できない
場合の損害も含めて年間最大 10 万円まで補償されます。

モバイル機器向けとして国内で初めて、端末1台ごとに補償するのではなく、モバイル
機器を個人(ユーザー)にひもづけて最大 3 台まで補償する保険です。

個人にひもづくため、ユーザーが端末を買い換えたり買い足したりした場合も、一度契約
すると、そのまま補償は継続されます。

アップルケアなどと保険料の比較にはなりますが、モバイル端末の修理代も結構高いので
検討の余地はありそうですね。

さくら少額短期保険株式会社のホームページはこちら
https://www.sakura-ssi.co.jp/


こちらも一度ご覧下さい。
ミニ保険(少額短期保険)
医療保険
がん保険
葬儀保険
介護保険
メモリード・ライフ
アイアル少額短期保険
アスモ少額短期保険(旧ブロードマインド少額短期保険)
エクセルエイド少額短期保険
トライアングル少額短期保険
NP少額短期保険



お読みいただきありがとうございました。


少額短期保険会社が協力して立ち上げたサイト 「おてがるミニ保険.com」はこちら。


人気の保険ブログを見てみる。


保険 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキングならblogram
posted by ブライト艦長 at 10:37| ミニ保険(少額短期保険) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

熊本地震での支払件数、支払金額が発表されました。




ご訪問いただきありがとうございます。

この度の熊本地震により、お亡くなりになられた方々に謹んで表しますとともに、
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

一般社団法人日本損害保険協会(以下、損保協会)はこの度の5月9日(月)現在の
熊本地震の支払件数、支払金額を発表しました。

支払件数   40,342件

支払保険金  60,993,628(千円)

支払保険金は2千億〜3千億円に達する見通しで、これは阪神大震災の783億円を
上回り、東日本大震災の1兆2654億円に次ぐ過去2番目の水準となります。

受付件数は151,518件で調査完了件数は45,475件と1/3程度の進捗となっています。

損害保険料率算出機構によると、2014年末時点の地震保険の世帯加入率は全国平均で
28・8%で、東日本大震災前の10年3月と比べると5・8ポイント上昇しています。

加入率は地域ごとに大きな差があり、熊本(28・5%)や大分(22・1%)ですが、
長崎(13・6%)など福岡を除く九州各県は全国平均を下回っています。
これはこれまで九州地方で地震が少なかったことが影響したとみられます。

2011年に東日本大震災が発生以降、保険料の改定を2回行っています。
まず、14年7月に全国平均で15.5%上げ、さらに昨年9月に将来的に全国平均で
19%上げることを決めました。

ただし、14年に15.5%アップしているのに、再び一気に19%に上げるのはつらい
ので取り敢えず17年1月に5.15%上げ、そして残りの13.9%を2回に分けて
引き上げるとのことです。

地震保険は単独で加入できないこと、そして今後も保険料は上がるということは頭に
入れておいてください。

こちらも一度ご覧下さい。
ミニ保険(少額短期保険)
医療保険
がん保険
葬儀保険
介護保険
メモリード・ライフ
アイアル少額短期保険
アスモ少額短期保険(旧ブロードマインド少額短期保険)
エクセルエイド少額短期保険
トライアングル少額短期保険
NP少額短期保険



お読みいただきありがとうございました。


少額短期保険会社が協力して立ち上げたサイト 「おてがるミニ保険.com」はこちら。


人気の保険ブログを見てみる。


保険 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキングならblogram
posted by ブライト艦長 at 15:42| 地震保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする