2015年03月26日

3月2日は「少額短期保険(ミニ保険)の日」になりました




ご訪問いただきありがとうございます。

少し古い話しで恐縮ですが、一般社団法人日本少額短期保険協会 は今年より、3月2日を一般社団法人日本記念日協会(長野県佐久市 代表理事:加瀬清志)認定の「少額短期保険(ミニ保険)の日」と制定しました。

ニュースリリースはこちら

みなさんもお分かりのように「ミニ」をかけたものです。

なかでも面白いのは「おもしろミニ保険大賞コンテスト」の開催と「少額短期保険大賞」の選出を行っていくとしていることです。

「おもしろミニ保険大賞コンテスト」は消費者から「こんな保険があったらいいのに」を募って発表しようと言う企画です。
この企画は少額短期保険ならではの企画と言えますね。

「少額短期保険大賞」は少額短期保険各社が自社商品をエントリーし、少額短期保険各社が投票します。
自分たち「プロの目」で選ぶ同賞は、まさに少額短期保険を象徴する商品となるとしています。

そして3月2日、おもしろミニ保険大賞・少額短期保険大賞を決定が決定されました。

おもしろミニ保険大賞・少額短期保険大賞を決定しました

おもしろミニ保険大賞コンテスト(応募総数:491通)で最優秀賞(1名)は「出席停止の病気保険(ママ向け)」が選ばれました。

「出席停止の病気保険(ママ向け)」
商品概要:子供がインフルエンザなどの法律で定められた病気で、数日学校や幼稚園を休まないといけなくなった
     時の保険。
     パート代等の収入の減少や医療費負担、退屈する子供のための絵本などの購入費、給食の代わりに昼食
     を作ったり時間も手間もお金もかかる。そんな時に備える保険
選定理由:女性の社会進出が進む現在、共働き夫婦にとって避けられない問題である子供の急な病気。
     子供を持つ親世代の抱える不安を解消する、働く女性の強い味方であるといえます。

今の時代あった主婦目線のすばらしいアイデアですね。これならどこかの少額短期保険会社が商品化しそうですね。

その他、優秀賞(2名)
「いろんなカタチの家族保険」、「愛する家族愛犬も一緒」

佳作作(3名)
「地球が終わっても保険」、「甲子園保険」、「それでもぼくはやってない」など、なかなか面白いアイデアもあります。


少額短期保険大賞(エントリー商品:10 商品) については「医師が考えたがん治療のための 免疫保険 」−テラ少額短期保険株式会社―が選ばれました。

最先端のがん治療「がん免疫細胞療法」の治療費を保障する新しいがん保険です。
ご興味がある方は調べて見て下さい。

テラ少額短期保険のホームページはこちら

少額短期をもっと知ってもらうための手段としてはいい取組みだと思います。


こちらも一度ご覧下さい。
ミニ保険(少額短期保険)
医療保険
がん保険
葬儀保険
介護保険
メモリード・ライフ
アイアル少額短期保険
ブロードマインド少額短期保険
エクセルエイド少額短期保険
トライアングル少額短期保険
NP少額短期保険


お読みいただきありがとうございました。


少額短期保険会社が協力して立ち上げたサイト 「おてがるミニ保険.com」はこちら。


人気の保険ブログを見てみる。


保険 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキングならblogram
posted by ブライト艦長 at 15:25| ミニ保険(少額短期保険) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

「募集関連行為」と保険アフィリエイト




ご訪問いただきありがとうございます。

「募集関連行為」という言葉をご存知ですか?

ご存知の方も多いかと思いますが、保険の募集は「保険募集人の資格」がないとできません。

「募集関連行為」とは募集行為とは言えないけどグレーになりがちな部分をそう呼んでいます。

先月発表された金融庁の監督指針にも記載されています。

保険会社向けの総合的な監督指針(金融庁)
II −4−2−1 適正な保険募集管理態勢の確立
(1)保険募集人の採用・委託・登録・届出

Bにおいて下記のように記載されています。
生命保険会社においては、法人等に対し、登録を行わずに保険代理店委託を行うなどにより、法令等を潜脱する行為を排除する措置を講じているか。
例えば、法人等に対して、紹介代理店委託を行うなどにより、紹介料等の名目で対価性のない金銭の支払いその他の便宜供与を行っていないか。


仕業(税理士等)と連携して法人保険を販売するケースがよくあります。その場合契約したら手数料の○○%をバックするということがよくあります。

仕業の人が募集人の資格を持っていれば問題はありませんが、持ってない場合は無資格募集となります。
また持っていたとしても対価に見合わない報酬を払っていたらアウトになります。

「募集関連行為」はこの他にも「保険比較サイト」「無料保険相談紹介サイト」なども対象にしています。

特に今後問題になりそうなのが「見込み客の情報を保険会社や保険募集人に提供する」行為(サイト)ですね。

そのサイトで「保険の仕組み」や「医療保険とは?」と言った「一般的」な保険の話をしているものは問題ないですが、具体的な保険商品を説明したり推奨したりすると、「募集行為」となってしまいます。

これは比較サイトでも同様のことが言えます。

同時に保険業法により「再委託禁止」が禁止されています。
(これにより保険代理店が募集人の適正化で大騒ぎになっていますが、それも3月末で期限を迎えます)

もしアフィリエイトサイトが具体的な保険商品を説明したり推奨したりするといった「募集行為」を行っているとアウトですし、さらに保険代理店は外部委託をしていることになり、それは「再委託」になりますのでやっぱりアウトになります。


金融庁が直接アフィリエイトサイトにどうのこうのすることはないと思いますが、提携先への規制は強くなると思われます。

おそらく金融庁は検索していろいろなサイトをモニタリングしていると思います。(たぶん)

保険のアフィリエイターにとってはますます受難の時代になるのは間違いありません。


こちらも一度ご覧下さい。
ミニ保険(少額短期保険)
医療保険
がん保険
葬儀保険
介護保険
メモリード・ライフ
アイアル少額短期保険
ブロードマインド少額短期保険
エクセルエイド少額短期保険
トライアングル少額短期保険
NP少額短期保険

お読みいただきありがとうございました。


少額短期保険会社が協力して立ち上げたサイト 「おてがるミニ保険.com」はこちら。


人気の保険ブログを見てみる。


保険 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキングならblogram
posted by ブライト艦長 at 17:13| 保険のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする