2015年01月15日

「激震の代理店業界」 週刊ダイヤモンド







ご訪問いただきありがとうございます。

今年初めての更新となります。

今年もよろしくお願いいたします。

週刊ダイヤモンド(2015.1.17)「保険激変!」が話題(?)になっています。

PART4「激震の代理店業界」「直接検査で大型保険ショップにお取り潰し危機」で業法改正に揺れる保険代理店業界」ということで保険代理店業界を取り上げています。

今回はこの記事を取り上げてみます。

改正保険業法では保険代理店は規模に関係なく「態勢整備」が求められています。
金融庁の検査もこれまでは保険会社を通して検査に入ることはあっても、直接入ることはありませんでした。
これが今回の改正で代理店に直接検査に入ることができるようになります。

特に大型保険代理店は金融庁のモニタリング対象となり、常時監視されることになります。

昨年末、金融庁は年明けから複数の保険代理店に直接検査に入ることになりました。「水平モニタリング」と言われていますが、これはいわゆる「金融庁検査」です。

これまでは金融庁は保険会社に検査に入った時に、あわせて代理店に検査に入ることはありましたが、単独で検査に入ることは初めてとなります。

検査内容は昨年秋に金融庁が出した調査の確認が多いとの話しを聞いていますが、かなり細かいことも聞かれたようです。
実際検査は3グループに分かれており、今回は1グループ目でした。しかし2回目、3回目となればもっと細かくなっていき、最終的には店舗も検査対象となると言われています。

「態勢整備」については機会があれば記事にしたいと思いますが、かなりハードルが高くクリアできないので廃業する代理店も耳にします。

保険代理店は、今「委託型募集人の適正化」と改正保険業法に対応するための「態勢整備」が大きな課題となっていますが、一部の代理店を除いてゆる〜い雰囲気だったのが一気に進んでいくのでしょう。

記事には実際に検査に入った大手代理店が出ていますが、興味のあるかたは購入して読んでみてください。
また「大型保険代理店グループ相関図」というのもあり、保険代理店業界に興味のある方はご一読をお勧めします。(なかなかよくできていると思います。。。)

次回は金融庁が問題としている「無料保険相談サイト」について記事にしたいと思います。



こちらも一度ご覧下さい。

ミニ保険(少額短期保険)

医療保険

がん保険

葬儀保険

介護保険

メモリード・ライフ

アイアル少額短期保険

ブロードマインド少額短期保険

エクセルエイド少額短期保険

トライアングル少額短期保険

NP少額短期保険



お読みいただきありがとうございました。





少額短期保険会社が協力して立ち上げたサイト 「おてがるミニ保険.com」はこちら。





人気の保険ブログを見てみる。




保険 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村



ブログランキング



ブログランキングならblogram



ブログランキングNo.1
posted by ブライト艦長 at 16:16| 保険のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする